スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の京都

2011.11.29.05:14

2011白沙村荘1

京都へ行って来ました。

私が時々お邪魔させて頂いているキモノの会のイベントです。

今回のイベント名は「錦秋の京都で箏を楽しむ会」

場所は、京都・銀閣寺近くの国指定名勝庭園「白沙村荘」(はくさそんそう)

ここは、日本画家の橋本関雪(はしもとかんせつ)の邸宅だったところです。

作庭から建築の原案、また庭石や木の配置に至るまで全てが関雪自身の手によるもので、
関雪が持つ美意識が大きく反映された庭として国の名勝に指定されています。

今回は贅沢にも非公開のお座敷を貸し切って、
お箏の演奏会&お食事会が開催されました。

2011白沙村荘2

お座敷からはきれいなお庭を見ることができます。

2011白沙村荘3

演奏は、世界的な箏演奏家・福原左和子さん。
古典から新作まで幅広いジャンルをこなし、海外からの招請公演も多く、第一線で活躍されておられる方だそうです。

お箏演奏会は初めて聴きましたが、
かなりびっくり!
お箏といえば、ずっと「静」のイメージしかなかったのですが、
福原さんの演奏は「動」でした。

お箏のために作られた現代曲は横文字、
曲の途中でパーカッションのようにお箏を叩く場面もあり、
私の中のお箏のイメージが変わりました。

もちろん、古典ものも演奏されたのですが、
その演奏もエネルギッシュなものでした。

ふだんは大きなホールばかりだそうで、
このように少人数の前で演奏されることは滅多にないそう。

何とも贅沢な時間でした♪

2011白沙村荘4

演奏会のあとは、懐石料理をいただきました。
秋らしい可愛いお料理にみんなにっこり。

2011白沙村荘5

お腹が満たされたところで、お庭の散策。

大きな池が美しいです。

2011白沙村荘6

2011白沙村荘7

2011白沙村荘8

紅葉はまだ少し早い感じでした。
12月に入ったほうがきれいかもしれません。

2011白沙村荘9

2011白沙村荘10

紅葉をイメージして選んだキモノ。
髪を切ったため、まとめ髪がうまくできなくて、
今回は下ろして行きました。

2011白沙村荘11

キモノの会の方々。
いつも感心するほど皆さん美しく着られています。
私は最近着る機会が少ないので、どうも上手く着付けができません。

2011白沙村荘12

この帯、とっても素敵ですよね~!
思わず写真を撮らせて頂きました。

お祖母様の代から大切に使われてきた帯だそうです。
刺繍は新しくやり直したそうですが、
本当に色もデザインも素晴らしく、美しいお庭に映えていました。

ちなみに私がこの会に参加させてもらうことになったのは、
阪急電車内でこの女性に声をかけたことがきっかけです。

あれ以来ナンパはしておりません(笑)

2011白沙村荘13

2011白沙村荘14

初めての白沙村荘でしたが、本当にお庭が美しく、
京都の秋を堪能できました。
皆さんも、ぜひ行ってみてくださいね!
スポンサーサイト

雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ

2011.09.04.10:37

「九月大歌舞伎」を観に行きました。
場所は、大阪松竹座。

着物で伝統芸能を楽しむ会がありまして、
私は昨年からちょこちょこお世話になっています。

今回もその会の集まりでした。

海老蔵の復帰公演ということで、期待が高まります。

それにしても、復帰の噂なんてありましたっけ?
私は知らなかったので、意外と早い復帰に驚きました。

でもなんで!
よりによって、こんな日に台風が来るなんて!

さすがにキモノで出かけるのは躊躇しますが、
洗えるキモノ&ポリエステルの帯、草履には雨カバーという3点セットで
思い切って出かけました。

難波まで来れば、いろんな格好の人がいるので平気ですが、
家の近所はさすがに人目が気になります。

必死感が出ると格好悪いので、
強風でめくれる裾を押さえつつ、
「ええ、ワタクシ慣れてますから、これくらい。」
という顔で駅に向かいました。

実際は必死だったと思いますが…。


さて、今回の演目。

一、華果西遊記(かかさいゆうき)

  市川猿之助演出のとっても華やかな舞台。
  アクロバティックな演技も多く、歌舞伎役者の運動神経の良さに感心。
  これは面白い!
  私は好きでした。

二、勧進帳(かんじんちょう)

  成田屋のお家芸、歌舞伎十八番の一つ。
  お待ちかねの海老蔵です。
  見得を切るときの目ヂカラがハンパない!!
  声も大きくて華があります。
  お父さん團十との共演が観れて良かったです。
  
三、幸助餅(こうすけもち)

  松竹新喜劇の傑作だそうで、
  笑いあり、涙ありのとても良いお話でした。 
  ちょっとウルッとしてしまいました。
  実際、あちらこちらで鼻をすする音が。
  幕が下りるときのドタバタ感が新喜劇っぽい(笑)


三つとも良かったです。
私は歌舞伎に詳しくないので、イヤホンガイドを借りました。
これなら説明も聞けて楽しめます。
皆さんも歌舞伎観賞の際は、ぜひイヤホンガイド借りることをおすすめします。


それにしても、演技の途中で入る
「成田屋ッ!」
などという男性客の掛け声、いいですねぇ。
絶妙なタイミングで声が掛かるんです。

ジャズでいうところの
「Yeah!」
みたいな感じです。

どちらもライブ感が出て、私は好きです。

歌舞伎もジャズも敷居が高いイメージですが、
先入観を捨てて観に行かれたらきっとお楽しみいただけますよ!

京の七夕

2011.08.08.09:09

キモノ仲間の集まりで京都へ行って来ました。

今回の目的は、「京の七夕

昨年から始まった京都の夏のイベントです。


阪急大宮駅で集合し、まず向かうは三条会商店街

この商店街の中にある「珈琲工房てらまち」でお食事。

11-08-07_001てらまち


町屋のいい雰囲気の喫茶店です。

18名ほどの団体でしたので二階は貸切り状態。

お座敷もあれば、モダンなソファもある、ちょっと変わった空間です。

私はオムライスとアイスコーヒーを頂きました。

食事中にお店のマスターが三条商店街の歴史について語って下さいました。


お店を出て少し歩くと、さきほどマスターが説明して下さった神社が。

11-08-07_002八坂神社御供社


八坂神社御供社(やさかじんじゃごくうしゃ)、通称「又旅所(またたび)さん」です。

祇園祭発祥の地だとか。

商店街の中にあります。

この商店街は面白そうなので、今度ゆっくり歩いてみたいです。


さて、次に向かうはライトアップされた二条城。

ただいま無料で入れます。

11-08-07_003二条城

中に入ると行灯が並んでいます。

11-08-07_004二条城行灯

これは「メッセージ行灯」といって、
京都にゆかりのある著名人からの復興への願いや被災地に向けたメッセージを掲載した大型行灯です。

二の丸御殿の妖艶なライトアップや京の名産品展などを楽しみ、二条城を後にしました。


さあいよいよ、メインの堀川遊歩道へ。

堀川沿いに歩いて行くと、たくさんのオブジェに出会います。

11-08-07_006願い七夕

「願い七夕」
地域の子供たちが願いを書いた短冊を笹に飾り付け、ずらりと並べています。

「光の友禅流し」や「竹と光のアート作品」など、見るものがたくさんあります。

11-08-07_013光の天の川

「光の天の川」
キレイでした☆

デジカメを持ってくるのを忘れ、
携帯のしょぼい写真しか撮れなかったのが残念です。

今回行ったのは「京の七夕」の堀川会場。
鴨川会場もあるらしいので次回はそちらにも行ってみたいです。


さて、今回の装いは…
11-08-08_001しじら織り

しじら織りのキモノと麻の帯。

しじら織りは凹凸のあるさらっとした生地で、肌触りが良いです。
天然素材はやっぱり気持ちいい!
麻の帯も通気性が良くて好きです。

以前は下に長襦袢を着てキモノとして着ていたのですが、
今回初めて浴衣として着用してみたらその涼しさに驚きました。

といっても昨日のような人混みの中だと汗だらだらでしたけどね(笑)




お茶席&ライブ

2011.07.14.06:08

毎日暑い日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしですか?

私は暑がりな上に寒がりでもあるので
この季節は「暑い!」と言ったり、「(クーラーで)寒い!」と言ったり、
そりゃもう大変です。

さてそんな暑がりの私ですが、
先日、久々にキモノを着て出かける機会がありました。

某大学の敷地内にある、個人所有の別宅で
お茶席&ジャズライブがあるとのことで
キモノ仲間である友人に誘われたのです。
いわゆる「ホームパーティー」です。


この季節、いつもなら浴衣ですが、
せっかくの機会なので夏キモノでお出かけしました。

汗かきなので、洗えるキモノです。
これはかなり助かります。

夏の着物姿って見た目は涼しいですが、
着ている本人は汗だくだったりします。

でも涼しい顔で着るのが鉄則(!?)



待兼庵1_convert_20110714050221

今回の会場。
大学の敷地内とは思えない、
自然豊かな場所にあります。
昔は学生の寮だったとか。
レトロな雰囲気がすごく素敵です。

待兼庵2_convert_20110714050320

お手前の様子。
キモノ姿の男性ってキリッとしてていいですね。

待兼庵3_convert_20110714050358

お茶会といえば、楽しみはコレ!!
珍しいフランボワーズの和菓子。
とってもキレイなお色&プチプチした食感が美味♪
ちなみにこのあと懐紙の上が「火曜サスペンス劇場」状態に(笑)
美しく頂くのには修行が必要なのかも…。

待兼庵6_convert_20110714050609

お抹茶。
お気づきの通り、お茶会の最中なのに写真撮りまくりです。
普通はありえませんが、ここではOKなのです。
皆さん、自由におしゃべりしてます。

待兼庵4_convert_20110714050433

きれいなガラスの器。

待兼庵5_convert_20110714050532

こんなのも!
可愛い~☆
中には虹が描かれています。

待兼庵7_convert_20110714050649

短冊が配られました。
願い事を書いて、玄関の笹に飾ります。

待兼庵8_convert_20110714050727

ライブ会場。
なんと!暖炉があります。
素敵です。
私、暖炉に弱いのです。
いいな、いいな~。

待兼庵9_convert_20110714050759

ライブが始まりました。
昼間とはまた違ったお部屋の雰囲気になります。

<本日のメンバー>

tp:道下克己さん
pf:田村文利さん
b:畠山令さん
dr:高野正明さん

ドラムの高野さんがスネア、ハイハット、シンバルの3点セットで
表現豊かに演奏されてるのが印象的でした。

それと、田村さんがアツく語られたBLUE NOTEレーベルの話は
マニアックで面白かったです。

待兼庵10_convert_20110714050831

レトロな可愛いお部屋で記念撮影。
友人はピンク、私は水色の夏キモノでした。
お星様で隠したから載せてもいいかしら?

聖武天皇祭

2011.06.01.09:35

6月になりました。

5月は何かと忙しく、ブログの更新が出来なかったので、
今からアップしていこうと思います。

少し前の話になりますが、GW中の5月2日(月)、
奈良の聖武天皇祭に行って来ました。

聖武天皇祭1

友人に誘われ、練り行列に参列することになったのです。

式衆・稚児など、時代装束をまとった約300名が、
奈良県新公会堂を出発し、南大門を経て参道を大仏殿に向かいます。

私は、10名ほどの物詣女(ものもうでおんな)の1人として、練り歩きました。

こんな格好、めったに出来ないので貴重な体験でした。

聖武天皇祭2   聖武天皇祭3   聖武天皇祭4
プロフィール

midori

Author:midori
ジャズのセッションやジャズ関連のイベントの企画をしています♪

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。