スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外回転術(後編)

2013.03.31.07:19

前編からの続きです。


「お腹の力抜いてね~」

ぐぐぐぐぐぐっっ!!!

院長先生の指が、私の下腹にめり込みます。

力を抜いてるつもりでも、
ここまで押さえられると私のお腹は自然に抵抗しているようで、
「もっと力抜かんとあかんよ」
と先生。

い、いたたたた…!!
思わず声が出る私>_<

「お!外れた!」
どうやら骨盤にはまっていた赤ちゃんのお尻が外れたようです。

そしてそのまま手でぐりんと回していきます。

エコーで確認して
「逆子治ったわ」

ええー!
ほんとですか!?

ここまでで数分間の出来事。
何がなんやらわからないうちに終わってましたf^_^;

とにかく逆子が治ったのと、
何も問題が起きなかったことで
ほっと一安心。

院長先生、すごい。

聞くところによると、
この外回転術を出来る先生は少ないらしいです。

以前マタニティビクスの仲間から、
「うちの産院では最終的に逆子の人は少なく、
それまでに院長先生が何とかしてくれるらしい」
という噂を聞いていたのですが、
まさか自分が「何とか」される立場になろうとは(^^;;

心の準備もないままにされたので、
本当に驚きました。

院長先生の説明によると、
私は羊水が少なめなので、このまま赤ちゃんが大きくなると狭くてもう回らなくなる、
今ならまだ回せる、とのことでした。

同じ理由で、赤ちゃんがまた元の逆子になる可能性も低いでしょう、と。

とにかく、赤ちゃんが無事でよかった。
きっとかなりビックリしたでしょうから、
「ビックリさせてゴメンね~。よく頑張ったね~。」
とたくさん褒めてあげました(*^^*)


この出来事は、
私のマタニティ生活の中で強烈なインパクトだったので、記録として残しておこうと思います。

というわけで、長文にお付き合い頂きありがとうございました(*^^*)
スポンサーサイト
プロフィール

midori

Author:midori
ジャズのセッションやジャズ関連のイベントの企画をしています♪

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。